【開催レポ】コーチングの契約とは?ひふみプロコーチ養成講座2020後期|第3回

こんにちは♪
ひふみ村広報担当 香織です^^

 

 

先日は、
ひふみプロコーチ養成講座
2020年後期コース第3回を
開催しました!

 

 

1-3「コーチング契約講座」

 

 

 

講師は、まっつーこと
松村直人さん。

 

 

 

「契約」

 

 

と聞いて、

あなたは何をイメージしますか?

 

 

 

私はですね、

 

 

 

ムズカシソウ

ヤヤコシソウ

 

 

 

こんなイメージ。(笑)

 

 

 

では、この講座の目的は?と言うと

 

 

 

「 契約⾏為の要点を理解し
⾃分で契約ができるようになる」

 

 

契約の結び方の前に
まずは、契約について理解することから。

 

 

そもそも、契約とは何なんでしょう?

 

 

なぜ、契約トラブルが起こるのでしょう?
トラブルを抑止するためには
何をすればいい?

 

 

受講生の皆さま同士の
ディスカッションを交えながら
考えていきました。

 

 

「シンプルにまとめてもらえたので、
分かりやすかったです。」

 

 

「まっつーの経験が
非常に参考になりました。」

 

 

こんな感想の声が届いていました。

 

 

契約トラブルを起こさないことは、
ちゃんと契約書を締結することだけで
解決する訳ではありません。

 

 

契約書を締結した、
これで安心!!!

 

 

ではないということです。

 

 

では、何が大切なのでしょうか?

 

 

一言で言うと、これです。

 

 

「最初から最後まで
⾔っていること・やってることが
⼀貫していること
そして、伝えるべきことを伝えていること」

 

 

これって、
まっつーがまさにそうで。

 

 

私が相談や質問をしたら、
いつもお返事が
一貫していると感じます。

 

 

ひふみの事務局スタッフとしても
一人のフリーランスとしても
尊敬している方。

 

 

「契約は、約束すること、約束しないことを
はっきりさせて
関係を築いていく入口ということが
勉強になりました。」

 

 

「誠意を持って、
相手と信頼関係を築くことが
一番大切だと感じました。」

 

 

こんな感想も多かったのは、
単に契約の結び方だけの
講座ではないから。

 

 

私もコーチングセッションを
提供していて、
当たり前ですが色んな方が
体験セッションにお申込みをされます。

 

 

中には、継続セッションを
お断りしたこともあります。

 

 

これは、コーチングに限らず
セミナーや講座を主催していても一緒。

 

 

「最初から最後まで
⾔っていること・やってることが
⼀貫していること
そして、伝えるべきことを伝えていること」

 

 

これって、
自分の軸や在り方を整えて
サービスを提供すること。

 

 

受ける側の時も、一緒ですね。

 

 

コーチングを受けたり、学んだりすると
主語が「私は」で考えたり、
発言することが増えると感じています。

 

 

「職場が~」
「旦那が~」ではなく、

 

 

 

「私が~」になる、
主体的に人生を作っていく感じ。

 

 

コーチングを提供する、
学んでいる自分自身が変わる。

 

 

だから、受講後の
自分の在り方や仕事、
人現関係など、人生そのものに
私は変化を感じました。

 

 

ひふみプロコーチ養成講座
2020年後期コースは、
7月から開講しています。

 

 

すべての講座を録画視聴できるので
7月中のお申込みも可能です。

 

 

気になる方は
無料個別相談会にお申込みください^^

_______★_______


≫無料個別相談会のお申込みは
こちらから
______★_______



ひふみ村広報 香織より
心から感謝の気持ちを込めて:)

関連記事

2021年前期コース
申込受付中!